FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキュが好き過ぎて生きているのが辛い

 流石に生きてるのは辛く無いですが、バレットさん(E№492)のサブキャラのエク(エキュパーシュ)が大好きです。
 PLもおりふぃもエクが大好きです。
 大事なので二度言いました。
 
 メッセや日記でお世話になっているテーセウスさん(E№9)もエクが好きなのだそうで、おりふぃとのペア絵を描いてくださいました。
 画像の方はファイルが大きすぎて上げられませんので、ピクシブから紹介いたしますね><
 おりふぃだけでも嬉しいのにエクと一緒なんて嬉し過ぎます。
 今日はもう……死んでもいい。

 おりふぃとエク

 また、バレットさんがおりふぃとエクの24日のメッセのやり取りを描いてくださいました。
 余りにも嬉しいので日記はてきとーに済ませてエクのSSを書いてしまいました。
 バレットさんの相方のヒスカさん(E№493)もレンタルさせていただいてます。
 今回はエキュの事ばっかりでごめんね!ヒスカも大好きだお><
 文章なんていらねーよ、エクを見せろ!
 という方は文章をすっ飛ばして絵だけ見てください。
  
 あ、ちょっと今回は意識的に文章を弄っています。
 なるべくおりふぃから見てのエクのよい所が出ていればいいなと思います。 
 書いていて、自分が好きなエクは外観からのエクであって、おりふぃが好きなエクは内面からだという事を痛感しました。おりふぃの内面はあまり書いていないので、日記よりも時間を割いてしまったけど後悔はしていない。
 宣言のチキレが控えていても後悔は……ちょっとしてます(^q^

 ちなみに最近知った文章診断というものに少しハマってます。
 自分の書いた文章は誰に似てるのかというのはとても興味深いです。
 普段の日記は太宰治、小林多喜二あたりが似ているそうで……悲観的な所が似てるという事か!?
 ちょっと興味がありましたら、お試しください。

 書体診断


文章評価

評価項目 評価とコメント
1 文章の読みやすさ C  適切
2 文章の硬さ    A  適切
3 文章の表現力   A  とても表現力豊か
4 文章の個性    A  とても個性的

一致指数ベスト3
名前 一致指数 リンク
1 松たか子 82.9
2 小林多喜二 82.3
3 井上ひさし 82

松たか子先生があなたの味方です。がんばってください。

……松たか子さんって文章書く方だったんですね。

以下SS  エキュ。
 エキュパーシュ・アントラージュと出会ったのは、私が初めて偽島と呼ばれる場所にやって来てから間もなくの事。
 遺跡の周辺を散策に出掛けていた所で、偶然知り合ったのが男女二人ずつの探索者の中に彼女はいた。
 御家の復興を目指す元王女の少女ヒスカ。その護衛である傭兵のアランさんと、召喚師のバレットさん。そのバレットさんの一人娘がエキュだった。
 吸い寄せられる様な透き通った紫の瞳。高貴な令嬢を想わせる桃色の巻き髪。
 エキュが私と同い年だと言う事は、彼女と会話を交わすうちに知った。
 それでも、私の目にエキュは毅然として頼もしく映った。
 ヒスカは私より一つ年下の、翡翠色の髪と宝石のように輝く薄紫の瞳を持つ少女だった。
 エキュと幼い頃から姉妹のように暮らしてきたせいか、人懐っこく陽気な性格だった。
 彼女達と知り合う事で、私に頼りになる姉と甘えん坊な妹ができたように思えた。
 そしてこの日は、ずっと鏡の世界で暮らしてきた私が、子供の頃から願っていたもの。
 私にとって初めての“ともだち”が、同時に二人もできた大切な日となった。

 アランさんやバレットさん達の懇談会と称した酒宴に招かれた時、エキュは宴会の料理を準備してみんなに振舞った。
 鏡の向こうの世界からやって来きたばかりで何も知らない私と比べて、彼女はとても大人に見えた。
 実際にエキュは弱い所を見せるような素振りは無かったし、誰に対しても物怖じしない毅然とした態度を崩さなかった。
 私が島に来て不安な事ばかりだと彼女に話した時にも、エキュは「私に悩み事など一切ないから、オリフィの相談にはいつでも乗る。」と言ってくれた。
 エキュには私の事をもっと知ってもらいたい。彼女の事をもっと知りたいという想いは逢う度に募り、知れば知るほど彼女の魅力に惹かれていった。

 ある日、バレットさんが私の元に訪れて、エキュが体調を崩して会えなくなったと伝えた。
 原因不明の病で突然倒れた彼女は、療養のために外の世界へ行ってしまった。
必ずエキュは帰ってくるというバレットさんの言葉を、私はただ信じて待つしかなかった。
 突然居なくなった彼女と、消えてしまった両親の記憶が重なり、私は深い悲しみに包まれた。
 それと同時に、私はエキュの事を知っているつもりで、彼女の苦しみを分かってあげる事ができなかった後悔と自責の念に駆られた。
 
 ―本当に悲しみながらここで待つ事が、エキュのためになるの?
 ふと、そんな疑問が私の中に浮かび上がる。
 エキュは私にとって大切な友達だけど、私ばかりが哀しい訳ではない。
 私よりもっと身近に彼女の傍に居たバレットさんやヒスカは、私よりももっと深い悲しみに包まれているに違いない。
 私がここでやらなければいけない事は、エキュが元気で帰って来れるように信じて待つ事ではないのか?
 私はエキュの居ない分まで、笑顔でいようと心に誓った。
 バレットさんやヒスカが、辛い想いに耐えて頑張っているように。
 エキュが安心して、この世界に戻って来れるように。

 エキュの代わりにやって来たというエルフっぽい蓮さんは、その世界の事を色々話してくれた。
 医療の技術が進んでいる事や、ニフルハイムの未来らしき世界と繋がっていてオリフラムお姉様達がその世界にも居る事。
 その世界に私も居るのか気にはなったが、真実を知るのも怖いので蓮さんにはその事についてあまり触れないようにした。

 
 エキュが居なくなってから5日目。
 バレットさんから、エキュが元気になって帰って来たとの連絡があった。
 私はエキュとの再会を心待ちにしていたので、すぐにでも逢いたいと思った。
 しかし、バレットさんが、エキュはまだ帰って来たばかりで落ち着かないので、落ち着いてから連れてくるのと私に伝えた。
 エキュが元気で帰って来たのであれば、今日で無くともすぐ逢える。
 外の世界で何か、エキュに異変が起きたのかもしれないと少しは不安が過ったが、私はバレットさんにエキュへ「おかえりなさい。」の言付けだけを頼んで、エキュとの再会の日を待った。

 次の日。
 バレットさんは約束通り、エキュと一緒に私の処にやってきた。
 再会したエキュの姿に、私は一瞬動揺して言葉を失ったが、バレットさんは状況を察してかこれまでの経緯を私に教えてくれた。
 エキュの治療は外の世界でも時間が掛かり完治するまでに数年の歳月が経った事。
 また、外の世界とこの島の時間の流れが違う事によって、エキュは5年の歳月を過ごした後に偽島に帰って来たという事。

 確かにエキュは居なくなってしまった時より、背が伸びて髪も長くなって、そして綺麗になっていた。
 私達がエキュと別れて5日しか経っていないのに、エキュは5年もの歳月を外の世界で過してきた事に衝撃を受けたが、彼女の成長した姿はその事実を肯定するものだった。
 島に帰ってみんなに逢いたいという想いも、外の世界で過した歳月の分だけ募ったに違いない。
 ただ、私とエキュが親しくなりはじめたのは、ほんの数日でしかない。
 私にとって待ち望んだ再会が、5年の歳月を過ごしたエキュにとって、喜ばしい事なのだろうか?
 そんな一抹の不安が脳裏を霞めるが、私はできる限り平静を装ってエキュを迎えるように努めた。

 エキュは少しの間、以前より深みが増した紫の瞳で私を見た。
 久々に彼女の吸いこまれる様な瞳に見詰められ、私は周りの時間が凍結したように緩やかに動く錯覚に陥った。 
 やがて彼女は、口元に微笑みを浮かべ私に言った。

「ただいま。心配かけた、ごめん。」

 その笑顔は、エキュが別れる前に私に見せた笑顔と同じ笑顔だった。
 その言葉に胸の痞えがとれた私は、エキュにやっと微笑みを返す事ができた。

「おかえりなさい!」

 嬉しさのあまり、エキュに再会してから話そうと事前に考えていた事が全て消え去ってしまい、胸がいっぱいになった。
 それと同時に、これもまた夢なのではないかという幸せの反動が私の心を不安にさせた。

「これ……夢じゃないよね。目が覚めてもし、エキュが居なかったら……私、耐えられないよ。」

 私はエキュの温もりを確かめたくて、無意識にその手を頬に伸ばしていた。

「おりふぃ……大丈夫。私はここに居る。これからはおりふぃの傍に居る。ほら、私を感じるでしょう……?」

 エキュは私が頬に触れた手に、自分の手を重ねて優しく囁いた。
 


再会




 私は彼女の声と温もりに安らぎを感じながら、15のエキュと約束をした言葉を思いだしていた。

 この島で……沢山の友達が見つかるといいな、お互いに。
 中でもおりふぃはこの島から去った後も付き合っていけたらと思ってる。

 
 エキュ、約束を守ってくれてありがとう。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mementomorinomaigo.blog81.fc2.com/tb.php/145-fd8a3010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日記26日目 «  | BLOG TOP |  » 日記24日目

リンク

プロフィール

佐藤深雪

Author:佐藤深雪
いつから改装中だと錯覚していた?

なん だと…

アイコンは魔術商会さん(E№41)からいただきました。とても感謝なのです。

ノウァ
ファーヴニール
深雪

とことこ

最近の記事

カテゴリ

辺境地域(キャラのホーム世界設定) (4)
辺境黒歴史(ホーム世界の歴史) (3)
偽島2期日記 (25)
Fallen Island (2)
いただき物 (2)
オリフ (32)
ネヴァ (8)
カーズ (25)
偽島1期(TiA) (20)
カーズの日記 (1)
ティアの交換日記 (1)
おりふぃ (14)
偽島3、4期日記 (46)
六命表日記 (14)
六命裏日記 (9)
精霊日記 (19)

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。