FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記78日目

 燦々と輝く太陽、透き通るような青い海。
 爽やかな潮風が吹き抜ける白い浜辺。
 カタストロフを思わせる津波に流されて、私達はエルタの大陸のどこかに辿り着いた。
 奇しくも去年の夏と同じように、潮に流されて逸れないようにテーセウスと手を繋いで泳いだ時は、運命のような確かな偶然に心がときめいてしまった。
 テーセウスに泳ぎを教わっていなかったら、浮き輪があったとはいえパニックになっていただろう。
 泳げるようになっていて良かったと、安堵の胸をなで下ろす。
 
 突如偽島の探索が終ってしまったので、思いがけず私達は海でバカンスを楽しむ事となった。
 世界を体現するとされる伝説の樹、イグドラシルの崩壊と偽島の沈没。
 つい先日まで偽葉達と死闘を繰り広げた日々が、まるで幻のようにさえ思えてくる。
 落ち着いたところで改めて気づいた事だが、そういえばオリフお姉様の姿が見当たらなかった。
 陸が見えた頃までは一緒だったのだが、潮に流されて逸れてしまったのかもしれない。
 一抹の不安は過るが、運動神経の良いオリフお姉様ならきっと無事だろうと心に言い聞かせることにした。
 キルノさんも行方不明だが、死神だから死んだりはしないだろう。塩で溶けない限り。
 意外だったのはノウァさんが、実は泳げないことだった。

「……浮き輪がなければ危なかったわ。」

 浜辺に着いた時、慄然としながら呟いたノウァさんの言葉を聞き違いかと疑ったほどだ。

「オリフィエルも初めは泳げませんでしたが、すぐに泳げるようになりました。ノウァもコツさえ摘めばすぐに泳げるようになりますよ。」
 
 それでは私ができることは、ノウァさんにもできると言っているようで少し不満だったが、部下思いのテーセウスの励まし方なのだろうと納得することにした。
 
 私は去年の失敗を糧に、潮の流れと足元に気をつけながら初泳ぎを楽しんだ。
 テーセウスは人前で肌を晒すのは好きではないようで、ビーチパラソル木陰でビーチチェアーに腰掛けながら何か作業をしていたり、私にレンズの付いた機械を向けたりしてニコニコしていた。
 初泳ぎを十分に楽しんだ私は、体力を残しておくために早めに陸へ上がることにした。
 一人で泳ぐのもそれなりには楽しかったが、やっぱりテーセウスと一緒に泳ぎたい。
 去年の夏のように、人気の少ない夜に海へ行こうと誘えば付き合ってくれるだろう。
 
 濡れた身体が心地良い潮風に吹かれて乾いていくのを待っていると、レンズの付いた機械を向けながらテーセウスが私に呼びかけた。
 
「オリフィエル、此方を向いて下さい。」

「何をされているんですか?」

 レーレさんが同じような機械を私に向けてニヨニヨしていたことを思い出しながら、私はテーセウスの所へと歩み寄った。
 
「実は、偽島の経過報告を兼ねてカボたん様にメールを送ろうかと思いまして。」

「メール……!」
 
 思わず私は目を輝かせて、テーセウスが私に向けているレンズの方を覗き込んだ。
 メールとは確か「けいたい」や「ぱそこん」というもので送る手紙のことを指す言葉だ。
 私も彼とお別れした時に言いそびれたお話があったので、こちらの経過を伝えたくて居ても立ってもいられなくなった。
 
「テス。差し支えなければ、私もお手紙を出しても良いですか?」

 テーセウスはレンズの付いた機械をしまうと「ぱそこん」を開いて、ボタンのようなものを、カタカタと指で素早く押していった。

「はい、喜んで。オリフィエルの言葉をメールに打ち込みますので、オリフィは伝えたい事をわたくしに話してください。」

 私は大きく深呼吸をしてはやる心を落ち着けると、一字一句を疎かにしないように伝えたい事を頭の中で纏めてから、ゆっくりとテーセウスに話しかけた。 


************************************************************************************************************************

 こんにちは、お久しぶりです。カボタンさん。
 私は今、テーセウスと一緒に海に来ています。
 カボたんさんは、お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?
 カボたんさんと一緒に向日葵畑やネモフィラの丘をお散歩した楽しい思い出は、今でも私の宝物です。
 あれからもう、1年も経つのですね。
 毎日を全力で駆け抜けてきた筈なのに、振り返ってみるとあっという間に感じてしまいます。

 私はつい先日までテーセウスと共に、島の制御装置であるイグドラシルの樹から現れた偽葉と呼ばれる敵と戦っていました。
 偽島の正体は、財宝を目的に訪れた探索者達を島に閉じ込める永劫回帰の舞台装置でした。
 偽葉というのは、島に閉じ込められた人達の記憶の残滓を具現化したものです。
 偽葉に挑むための支援として、榊さんという人から大量のマナを浴びて飛躍的に身体能力が上がったりしましたが、今は元通りです。身体の方にも異常はありません。
 偽葉を散らしてイグドラシルを切り倒した後、偽島は海に沈んでしまいましたが、カボたんさんとお別れする時には探索の目的を果たしていたので、私には未練はありません。
 島の財宝を目指して探索していた人達には、気の毒な話だと思いますが。
 私とテーセウスは、海でバカンスをもう少し楽しんだ後、偽島でお世話になった人達に挨拶をしてから屋敷に帰る予定です。

 レレさんはお元気ですか?元気じゃないレレさんなんて想像できませんが、離れてしまうと余計な心配もしていまいます。
 美味しい料理と菓子を用意してお待ちしていますので、いつでも屋敷にいらっしゃってください。とレレさんにお会いしたらお伝え下さい。
 あ、寛大さんとは連絡がとれますでしょうか?
ご用事の方が忙しかったようで、島を離れる時にご挨拶もできなかった事が心残りです。
 もし、ご連絡がとれましたら、お話できて楽しかったです。ご用事の方が、一段落つきましたらお手紙下さい。必ずお返事しますとお伝え下さい。
 カボタンさんにお願いばかりしてすみません。
 テーセウスに「けいたい」や「めーる」の使い方を教わって、早く自分で連絡がとれるように頑張ります。

追伸。
 
 フィーの事について、カボたんさんとお話が途中になってしまっていましたね。
 あれから私なりに考えを纏めたことを、お話ししたいと思います。
 あの日の出来事を悔いて、もう一度やり直したいと願う事は、今いる私とそれ支えてくれる人たちの想いを蔑ろにしてしまう逃げでしかありません。
 自分の愚かな選択から目を逸らすことなく真摯に受け止め、私の一生をかけても彼女への償いを続けるつもりです。
 フィーは閉ざされた世界で育ち、幼少の頃から両親から疎まれている事を薄々感じ取っていました。
 何処へも逃れることができないフィーは、夢の中での私との語らいを唯一の生き甲斐に、誰かに愛されたいというささやかな願いをうちに秘めたまま逝きました。
 フィーの亡き今、彼女に直接償うことは叶いませんが、彼女が望んでいた幸せな家庭を私が実現しようと思います。
 私とフィーが選ぶことができなかった選択を、未来の子供たちに託すことが私の償いに対する答です。
 とは言っても、一人では実現することはできませんので、テーセウスに協力を仰ぎますね。
 フィーのように一人っ子だと寂しい思いをしてしまうので、子供は最低でも二人は欲しいです。
 あ、フィーと私が一緒に過ごした夢の世界を実現するなら、双子の女の子が嬉しいですね。
 何の確信もありませんが、双子の娘を愛でるテーセウスと私の幸福な未来を実現できそうな予感がします。
 
 あ、すみません。いつの間にか惚気話になってしまいましたね……やだ、もぅ。
 カボたんさんの近況もぜひ聞かせてくださいね。お手紙待ってます。
 
 それでは、お元気で。
 またお逢いできる日を楽しみにしていますね。

************************************************************************************************************************
 


 私の言葉を打ち終えたテーセウスは「ぱそこん」を閉じると、私の方を見上げて僅かに口元を緩めた。
 
「あはー、カボたんさんと先に約束しまってごめんなさい。テス……私の夢のために協力お願いしますね。」

 
 私は悪戯っ子のように肩を竦めて、はにかむように微笑んだ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mementomorinomaigo.blog81.fc2.com/tb.php/185-9cae6bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

六命ぷろふぃーる «  | BLOG TOP |  » 日記77日目

リンク

プロフィール

佐藤深雪

Author:佐藤深雪
いつから改装中だと錯覚していた?

なん だと…

アイコンは魔術商会さん(E№41)からいただきました。とても感謝なのです。

ノウァ
ファーヴニール
深雪

とことこ

最近の記事

カテゴリ

辺境地域(キャラのホーム世界設定) (4)
辺境黒歴史(ホーム世界の歴史) (3)
偽島2期日記 (25)
Fallen Island (2)
いただき物 (2)
オリフ (32)
ネヴァ (8)
カーズ (25)
偽島1期(TiA) (20)
カーズの日記 (1)
ティアの交換日記 (1)
おりふぃ (14)
偽島3、4期日記 (46)
六命表日記 (14)
六命裏日記 (9)
精霊日記 (19)

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。